Member:フィオナ

フィオナ=ルシフィエナ

チーム・Trinity HeartSに所属するニューマンの少女。年齢は16歳。
法撃と打撃を得意とする、ハニュエールの流れを汲んだスタイルを持つ。
長めの白銀のポニーテール、及び低めの身長と華奢な手足とは真逆のような大きい胸が特徴。
若いながらもそこそこ優秀なアークスとして日々を活動する。
服は流行モノの白いものが好み。
本当に限度を越えた怒りを感じた時、極稀に紅い目になる。
その際には口調自体が特徴的なものに変わるのですぐに分かる。

シーナ=アリティス

チーム・Trinity HeartSに所属するヒューマンの少女。年齢は20歳。
射撃、或いはテクニックによる支援を得意とする、
レイマールの流れを汲んだスタイルを持つ。
長めの白髪、そこそこのスタイル、射撃補正用のメガネを掛けているのが特徴。
フィオナとは義理の姉妹。一方的に懐かれたのが始まりだがまんざらではない。
最近は敵との直接戦闘の機会が多く、支援をする暇がないため
ほとんど攻撃に特化した型を取っているものの、本当は支援にすぐに戻りたいとのこと。
妹曰く「磨けば絶対に光る人」とのことで、日々罰ゲームと称して目立つ衣装を
妹に着せられる毎日。
服は赤、黒が多いが、総じて地味なものが好み。
元々はメルファリア大陸という異世界で戦争に明け暮れていた
ソーサラーの少女だったが…あまりにも酷い世界となってしまったが故に
単身逃走、様々な経緯を経てオラクルへ参加することに成功。今に至る。

騎士機ラフトクランズ(アル=ヴァン・ランクス)

アークス登録名はRaftcrans。

嘗て「地球」を脅かした「フューリー」という古代人の集団。
その中で騎士と呼ばれた機体、及びパイロット。
暴走する「フューリー」を追い詰め、
過去に囚われ、全てに対し恨みを持った騎士団長を討ち倒した者を、
また、眠る同胞を一人でも多く助けるために爆発する場所に一人残り
その生涯を閉じた…はずだったが。(スパロボJ男性主人公結ばれエンドを参照)
神の気紛れか、サイトロンの導きかは定かではないものの、
何故かキャストのサイズになった上、武装等が全て破損した状態で
オラクル船団の付近に漂っていたところをフィオナによって回収される。
(理由は「面白そうかもしれなかったから」)
自身の体が小人になっていたが故、基本的に機体にのったまま活動をしている。

機体能力等はアークス準拠の能力に合わせている。
装備はソード・ガンスラ・ファルクロー(というかシールドクロー)のみしか
本人が扱えなかったため、3種以外は稀に支給品を使っている程度で
大真面目にこの3武器だけでアークス業務を行っている。
さらに言えば「ライドスラッシャー」「ソニックアロウ」「スリラープロード」
「ガンスラの通常射撃モード」等を使う事が出来ない仕様となっており
極めつけは打・防両立の型を歩んでいるため、それこそフィオナにすら火力が劣る。
パーツは現在つけているものでほぼ固定。
サポートパートナーは嘗ての恋人を模している。
…が、多分当の本人に見られた場合間違いなく殺しに来ると思われるが。

フィア=アブロウド

フィオナの部屋に世話になっている居候。
チーム・Trinity HeartSに所属するデューマンの少女。年齢は17歳。
打撃と射撃、というよりカタナと弓に特化したブレイバーのスタイル。
焦げ茶に近いツインテールにした髪、すらっとしたスタイルが特徴。

嘗て、「惑星ラグオル」でダークファルスを討ち取ったメンバーの一人。
しかしその際、ダークファルスの攻撃の直撃を受けてしまい因子の侵食を受ける。
幸い致命傷にはならなかったものの、ニューマンからデューマンへと変異。
当時のハンターズにデューマンを保護する施設等はなく、非常に危険として隔離される。
しかし数年後、ダークファルスを討ち取ったメンバー…兄と師匠により
隔離施設を脱出、その後はハンターズ施設を脱走。
師匠、及び兄は途中敢えて目を逸らさせるために帰還する。
その帰還直後の頃に爆発直後の大破状態の騎士機ラフトクランズと衝突。
オルゴン・エクストラクターの謎の暴走に巻き込まれ、時間を停止させられる上、
別空間へと一時的に隔離されてしまう。
その後、騎士機が修理された際アル=ヴァンが異常を感じ、
オルゴン・エクストラクターを停止した際解放される。
しばらくの間は動揺を隠せなかったが姉と同名のフィオナの献身によりある程度落ち着く。
一部の管理者にだけ事実を話し、「ハンターズからの出向」という肩書きで今に至る。

時間停止した時は17歳だが、停止時間も数えていればおおよそ実年齢は27歳ほどになっている。
ただしコールドスリープと同状況だったため、17歳で間違いはないらしい(アル=ヴァン談)

  • 最終更新:2014-02-21 09:47:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード